若さをサポート

動きが重くなってきた方におすすめ!

年齢とともにどうしても疲れがたまりやすく感じる人が増えています。
また年齢に関係なく、体に鞭を打って無理して働いている人も多いです。

朝起きたときや仕事の休憩時間や仕事が終わった後など、ふと一息ついたときに体が急に重く感じることがあります。
緊張状態が続いていて、心身ともにリラックスできた状態になると起こる人も多いですよね。
特に一日の終わりに、家に帰ったとたん感じる人もいれば、寝る前に体が重く横になる人もいるでしょう。

これだけ体に負担がかかる状態になっているということは、体に疲労が蓄積された状態になっている証拠です。
そしてからだに必要なエネルギーが足りていない状態でもあるといえます。
こんな慢性的な疲れがたまってしまうと、ますます体が重くなり疲労が取れにくい体になってしまいます。

体が疲れを感じる時は、体に活性酸素がたまっている状態だといえます。
この活性酸素は、細胞を酸化させてしまい、新陳代謝が低下してしまいます。

そんな活性酸素を除去する働きがあるのが、抗酸化作用をもつ成分です。
いろんな成分がある中で強い抗酸化作用を持っているのがセサミンです。
セサミンといえば、一番最初に思い浮かべるのがゴマです。
ゴマは昔から栄養素が高く注目されています。

特に体全体の活性酸素の約7割が肝臓に多く存在するといわれています。
セサミンに含まれる強い抗酸化作用は肝臓に届いたときに、最も効果を発するといわれています。
肝臓に含まっれる活性酸素が排除されることで、肝臓の機能を取り戻すことができます。
さらに肝臓の機能が向上すると、新陳代謝がよくなり、エネルギーを作り出す機能が向上します。
新陳代謝が上がることで体が疲れにくくなり、動きも軽やかになってきます。

セサミンには、活性酸素を除去する働きによって体の酸化を防ぎ、体に蓄積した疲労のもとを解消してくれます。
そして新陳代謝が上がることでエネルギーを作りがすことができ、体に十分な栄養素がいきわたります。
このダブルの効果で、動きが重くなっていた体が軽やかに動くようになります。
あまり知られていないセサミンの驚きのパワーについてはこちらに載っていますのでご覧ください。


Copyright(C) 2013 老化防止に All Rights Reserved.